私たちは千葉県連盟船橋地区で活動するボーイスカウト印西白井第2団です。 日々楽しく活動しています!

1月 ギコギコ・カンカン

■ 1月15日 組集会

今月はペン立て作りに挑戦します。しか・くまスカウトは、小学校でノコギリやカナヅチを使ったこともあることでしょう。でも、うさぎスカウトはたぶん初めての経験です。上手に作れるでしょうか?

DSC_3292.jpg DSC_3293.jpg

組集会では、材料の板に思い思いの下絵を描きました。どんなペン立てが完成するのか、楽しみですね。

途中で、抜き打ちの持ち物チェックをしました。結果、忘れ物の数の多い少ないはあるものの、残念ながら今回は完璧に準備できていた子はいませんでした。カブ用品は、全て必要なもので構成されています。急に天気が変わったとき、ケガをしたとき、あるいは、お楽しみのゲームに使うかもしれません。「そなえよつねに」はスカウトの基本です。次回は、忘れ物をしないよう心掛けてください。

最後に、歌「ぼくの名は金太郎」の練習をして、この日は閉会です。


■ 1月29日 隊集会

DSC_2380.jpg DSC_3297.jpg

開会セレモニー、ゲームの後、副長から工具の使い方の説明を聞いた後、さっそく工作に取り掛かります。のんびりしている時間はありません。とはいえ、焦りはケガのモト。慎重に作業を進めていきます。そうこうしているうちに、お昼になってしまいました。時間内に完成できるでしょうか?

DSC_3303.jpg DSC_3305.jpg

お昼休憩の途中、品川くんと長野さんが、手旗信号を披露してくれました。チャレンジ賞「通信博士」の課題の一つです。ふたりともバッチリです。

DSC_3311.jpg DSC_3313.jpg

午後は、工作が終わったスカウトから、絵具で色を付けていきます。水性ペンで縁取りをして、描き終わったら、副長にラッカーニスを塗ってもらって完成です。ちらほらと完成させたスカウトが出てくる一方で、作業が遅れがちなスカウトもいます。全員完成させられるか心配でしたが、先に完成させたスカウトが遅れがちなスカウトを手伝ってくれたおかげでペースが上がり始め・・・

Penholder.jpg

その結果、なんと予定より1時間早く完成させることができました!

DSC_3332.jpg

最後に記念撮影をして、閉会セレモニーに移ります。

本日の優秀個人賞は、いちばん早くペン立てを完成させて、余った時間でたくさん手伝いをしてくれた岡谷さんです。おめでとう!!

12月 カブの恩返し

■ 12月4日 組集会

今月のテーマは「カブの恩返し」。日ごろからお世話になっているお父さん、お母さんを招いて、パーティーをする予定です。パーティーでスカウトたちは、個人の出し物や、スタンツで、お父さん、お母さんをおもてなしします。個人の出し物として、うさぎは「国旗のたたみかた」を披露、しか・くまは「世界の国々」を発表する予定です。ただし、世界の国々を履修済みのスカウトは、チャレンジブックの中から好きな項目を選んでもよいことにしました。

組集会前半は、個人の出し物で何を披露するかの確認と、その練習をしました。国旗のたたみかたは、やり方は合っていますが、動作がぎこちない様子。本番はうまくできるかな? 世界の国々は、調べることからが課題です。どの国について調べようかと、みんな悩んでいました。

後半は、スタンツのシナリオや、用意する小道具をみんなで話し合って決めました。どんなスタンツを見せてくれるか、今から楽しみです。


■ 12月18日 隊集会

DSC_3104.jpg DSC_3101.jpg

隊集会では、まずスタンツの準備をしました。組集会で話し合った材料をリーダーに用意してもらい、小道具を作ります。段ボールや色画用紙などの平凡な材料から、想像力と創造力をフルに働かせて、様々な小道具を作り上げました。その後は、スタンツの練習です。作ったばかりの小道具を使って実際の動きを確認しながら、シナリオを修正したり、セリフを覚えたりしました。



スタンツの準備はまだ完璧ではないかもしれませんが、残念ながら時間切れ。お父さん、お母さんを部屋に招き入れ、いよいよ「カブの恩返し」のはじまりです。

DSC_3108.jpg DSC_3114.jpg

最初に2組がスタンツを披露してくれました。「不思議の国のアリス」をモチーフとして、途中にマジックショウを挟んであったりと、手の込んだシナリオで盛り上がりました。続いて1組が披露してくれたスタンツは、「ヤマタノオロチ伝説」です。ちょっと準備不足な感じでしたが、欠席したスカウトがいて人数が足りない中、よく頑張ってくれました。

DSC_3123.jpg DSC_3125.jpg
DSC_3132.jpg DSC_3138.jpg

続いて個人技の披露です。「国旗のたたみかた」は、みんな動きがとてもスムーズです。練習した甲斐がありました。「世界の国々」は、1分という短い時間で、3ヶ国について発表します。時間が短いぶん、内容が詰まった、とても興味深い内容でした。世界の国々を履修済みの品川くんと長野さんは、チャレンジブックの中から「マジシャン」を披露してくれました。

DSC_3145.jpg DSC_3147.jpg

お父さん、お母さんは楽しんでくれたでしょうか? お菓子を食べながらみんなで談笑したら、もう閉会の時間です。楽しい時間はあっという間ですね。

1組も2組もよく頑張ってくれました。よって、本日の優秀組賞は、1組2組両方です! 優秀個人賞は、欠席で人数が少ない1組をうまくリードしていた岡谷さんと、進んで後片付けや掃除を行っていた河盛くんです。おめでとう!

12月 歳末たすけあい募金

■ 12月11日 歳末たすけあい募金

今日はビーバー隊、ボーイ隊と一緒に募金活動をします。朝から天気も良く、募金活動よりもどこかに遊びに行きたい気分なんじゃないかな?というリーダーの心配を、スカウトたちは見事に裏切ってくれました。誰が募金箱を持つか取り合いになるくらい、みんなやる気満々です。

DSC_3043.jpg DSC_3045.jpg

募金活動をするスカウトたちも、それに応じてくれるたくさんの方々も笑顔です。そして、どこかでこの募金を受け取ることになる方も、きっと笑顔になってくれることでしょう。

DSC_3038.jpg

そういった笑顔の連鎖を肌で感じ、身も心もほっこりした一日でした。皆様のご協力に感謝します。

11月 秋の観察官

■ 11月13日 組集会

今月末の隊集会のハイキングに向けて、組集会では「追跡サイン」の練習をしました。 デンリーダーから「追跡サイン」のやり方を教わった後、さっそく近くの公園で、組の中で2手に分かれてそれぞれが「追跡サイン」を道に残して行きます。 「追跡サイン」は進行方向には矢印、進まない方向には×印を道にチョークで書いていきました。 また、通信文の在処も残しました。 

「追跡サイン」を作った後は、お互いが作ったサインを追跡していきます。 なれない「追跡サイン」を残すのも大変ですが、それを追跡する方もさらに大変です。 また、確認した「追跡サイン」はちゃんと水をかけてブラシでこすって消して行きました。 何とか互いの追跡サインをどって、無事にそれぞれのゴールの辿り着く事ができました。 これで隊集会の準備はバッチリですね。

■ 11月29日 隊集会

前回の隊集会に引き続き今回も雨が危ぶまれましたが、なんとか天気も持ちこたえてくれました。天気はどんよりしていましたが、スカウトたちは今日も元気にハイキングに出発です。

DSC01641.jpg DSC01646.jpg

ロープを使った「牛乳パックはこび」ゲームで勝利した1組からスタートします。まずは組集会で教わった追跡サインにチャレンジし、「道に書かれた矢印」や通信文を見つけて、順調に滑り出しました。

DSC01519.jpg DSC01592.jpg

今回のコマ図は写真です。スカウトたちは、上のような、曲がる方向の景色が映っている写真だけを頼りにしながら、、曲がり角がある度に写真と見比べて、そこを曲がるかどうかを確認します。

DSC01650.jpg DSC01654.jpg

うさぎ達は初めての体験ですが、しか達は去年の1月にやった時の要領をだんだんと思い出してきました。最初は何度か道を間違えて引き返し、何度か副長と鉢合わせしてしまいましたが、そのうちに写真コマ図にも慣れてきて、快調にルートを進んでいきます。

DSC01671.jpg

途中、お寺、神社、暗い茂みなど、色んな所を通り、ようやく休憩場所に到着しました。隊長が用意してくれた味噌汁が、体も心も温めてくれました。雨も降り出しそうなので、そそくさと休憩場所を後にしました。午後はフィールドビンゴをやりながら進みます。

DSC01678.jpg DSC01683.jpg

スタート後ほどなくして、とうとう恐れていた雨が降ってきてしまいました。それにもめげず元気に進み、最後の追跡サインも難なくクリアして、予定より30分早くゴールしました。

今日の優秀個人賞は関くんと河盛くんです。昼ごはんを食べたお寺で、すすんでゴミ拾いをしてくれました。優秀組賞は1組、フィールドビンゴは引き分けでしたが、コースを進むペースがより速かった事が評価されました。

11月 船橋地区カブラリー

■ 11月6日 カブリンピック(船橋地区カブラリー)

今日は、船橋地区のカブラリーに参加します。総勢133名のスカウトが高根台第2小学校でそれぞれ持ち寄った11競技の総得点を競い、金メダルを狙います。印西白井第2団は、以前から予告した通り、「ふう也んはこび」を主催しました。

DSC01363.jpg

・・・おや? 何か間違えている気もしますが、「危険」につながるものではないので問題ありません。むしろ、子供たちは、下書きすることの大切さ(そなえよつねに?)を学べたのではないでしょうか。

開会式の後、競技の最終確認を終え、さっそく午前の競技のスタートです。

DSC01351.jpg DSC01357.jpg

午前は2組が印西白井第2団の競技を主催(競技説明、審判、記録、見本演技を担当)し、その間、1組が他の団の競技を回ります。 他の団も「ナンバータッチ」、「ボッチャ」、「豆つまみ競争」などいろんな工夫をした面白い競技をやっていました。 

DSC01370.jpg DSC01388.jpg

お昼休みを挟み、午後は1組が主催し、2組は他の団の競技を回りました。  午後はすっかりカブリンピックの雰囲気にもなれ、競技をや運営する側も競技をする側も、スムーズに競技を行う事ができました。

DSC01395.jpg DSC01416.jpg

あっという間に競技も終わり、閉会式と表彰式の時間になりました。「ふうせんはこび」の優秀賞は、我らが印西白井第2団2組!練習した甲斐がありました。2組を代表し、黒須さんがメダルを受け取りました。組長として最初の大仕事ですが、立派に役目を果たしてくれました。カッコよかったです。

さらに、2組は総合得点でも銅メダルに輝きました。これは、チームワークの勝利と言えます。残念ながら1組は入賞を逃してしまいましたが、得点差はごくわずかで、決してチームワークが悪かったということではありません。これからも、1組2組競い合い、お互いに成長していってください。