私たちは千葉県連盟船橋地区で活動するボーイスカウト印西白井第2団です。 日々楽しく活動しています!

7・8月 夏だ! 元気だ!! 冒険だ!!! (その1)

いよいよ待ちに待ったカブホリデーのシーズンが近づいてきました。7月と8月のテーマは、同じ「夏だ! 元気だ!! 冒険だ!!!」です。カブホリデーでは、どのような冒険がスカウトたちを待ち構えているのでしょうか?

今年のカブホリデーの行き先は大房岬です。そこは、八犬伝というお話の舞台で、それにまつわる面白い言い伝えがあります。

「100年に一度、八犬士の8つの玉が集まって1人の精霊となって現れ、将来、安房の国を守る勇気ある子供を探している。選ばれたものには、『勇者の証』という宝が与えられる」


そして、今年がちょうどその100年に一度の年なのです。こんなチャンスはめったにありません。ぜひそのお宝をゲットしちゃいましょう!

そこでさっそく、隊長と副長で大房岬に偵察に行ってきました。すると、その精霊が現れて、こう言ったのです。

「カブスカウト達が、大房岬に来るらしいな、カブスカウトの元気と勇気を見せてもらうぞ。ひとつ、大事な事を伝えておく。大房岬には八犬士を嫌う怨霊がまだいるかもしれない。その怨霊から身を守る為に、『守り刀』を作っておくのだ。心を込めて作った守り刀は、怨霊を追い払ってくれるだろう」



■ 7月9日 隊集会1

怨霊に憑かれてしまったら大変です。そこで、この日は、組集会だった予定を変更して、隊集会で怨霊から自分を守る「守り刀」を作る事にしました。

守り刀は桧の板をナイフで削って作ります。今回は、保護者の方も手伝いで参加していただき、賑やかな集会になりました。ナイフの使い方、注意する事を教わったら作成開始です。説明通りに木を削っていきますが、ナイフを使い慣れていないスカウト達は、なかなか先に進まず時間がかかります。

20170710-1.jpg 20170710-2.jpg
20170710-3.jpg 20170710-4.jpg

しかし、何とか削り終わり、紙ヤスリでなめらかにしたら、立派な刀ができあがりました。これでカブホリデーも怖いものなし(?)、カブホリデーが楽しみになってきました。


■ 7月30日 隊集会2

今日はいつもと少し雰囲気が違いますね。お気づきでしょうか? 印西市に引っ越してきた武蔵野1団の新しいお友達が、印西白井第2団を見学にきてくれました! 最初は少し緊張していたみたいですが、さすがスカウトは友情にあつく、すぐに打ち解けました。これからも一緒に活動していけるといいですね。

もうひとつ、いつもと違うところがあります。ヒントは、セレモニーで歌った歌は「旗揚げの歌」、その後に行ったゲームは「旗揚げ旗揚げニョッキッキ」。

20170730-1.jpg 20170730-2.jpg

正解は、「国旗ポールが2本ある」でした。カブホリデーに向けた準備も、いよいよ大詰めです。カブホリデーでは、期間中、国旗の掲揚と降納はスカウトの仕事です。カッコよくできるかな?というわけで、今日は国旗の取り扱いの練習です。

実は、国旗の扱いは、大人でも難しく時に間違えることもあります。スカウトたちは、この難しい課題に対して、とても積極的に、何度も何度も練習してくれました。

20170730-3.jpg 20170730-4.jpg

国旗掲揚・降納の練習の後は、屋内に移動して引き続き、国旗のたたみ方の練習をしました。

20170730-5.jpg 20170730-6.jpg

その後、国旗カルタを楽しんだり、隊長から日本の国旗について学んだりしているうちに、あっという間に解散の時間になってしまいました。

今日の優秀組相は、より上手に国旗を扱うことができた2組でした。おめでとう!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する