私たちは千葉県連盟船橋地区で活動するボーイスカウト印西白井第2団です。 日々楽しく活動しています!

6月 1人でできるもん

今月は、「手賀の丘 少年自然の家」で1泊2日の舎営を行います。去年は天候がイマイチでしたが、今年はどうでしょうか?

■ 6月4日 組集会

舎営の前に、スカウトとして、必ずやっておかなければならないことがあります。そう、舎営の準備です。「そなえよつねに」ですね。スカウトたちには、持ち物や注意事項など、自分たちで考え、自分たちで意見を出し合って、舎営の心構えをしてもらいました。

21070604.jpg

カブ年代の子供たちにはすこし難しいテーマですが、さすがくまスカウトにもなると、とても活発に意見を出してくれます。しかスカウトも、くまスカウトの意見に感心しているようでした。

その後は、なわ結びの練習(復習)をして解散です。舎営への期待が高まってきます。

■ 6月17日 舎営(1日目)

今年はピーカンです! 去年やり残した、「デンづくり」を思う存分行うことができますね。その前に、 デンの場所取り合戦のゲームをします。スカウトロープを酸素供給ホースに見立て、宇宙飛行士がスペースデブリ(宇宙ゴミ)を掃除します。宇宙ステーションから遠いデブリを取りに行こうとすると、スカウトロープの結び目がほどけて(酸素供給ホースが外れて)宇宙飛行士は死んでしまいます。組集会で練習した、なわ結びの技能を活かすことができました。

20170617-1.jpg 20170617-2.jpg

ゲームの後は、組ごとに分かれて活動しました。まずは森の観察です。虫や植物など、注意してみるといろんな生き物がいます。皆でフィールドノートに絵と気付いた事を書き込みました。特徴をうまくとらえて、内容の濃いものできました。

その後はようやくお楽しみのデン作り。「どういう形のものを何を使ってどうつくるか」、一所懸命に考えます。皆で材料を集めて、組み立てたり、結んだりして形が出来てきました。1組のデンは、これぞ「デン」といった雰囲気の秘密基地。2組のデンは、ブランコなどがある楽そうな場所になりました。組によって特徴が全くちがいますが、どちらも甲乙つけがたい素晴らしいデンになりました。

20170617-4.jpg 20170617-3.jpg

夕食の後は、同じ宿舎に泊まっていた印西白井第1団のカブスカウト達と、初めて一緒に活動しました。みんなが大好きな「ヤヤヨーヨーユピ」、このアクションソングひとつとっても、団によって違いがあるんですね。近くで活動していてもなかなか会う機会がなく、短い時間でしたが、とても貴重な時間を過ごす事ができました。

20170617-5.jpg



■ 6月18日 舎営(2日目)

次の日は1組と2組、それぞれのデンを訪問しました。それぞれの個性がでた仕上がりに、お互いに関心していましたが、やっぱり自分たちのデンが一番ですね。とても満足そうです。

その後はフィールドアスレチックで遊びました。ところが、途中で突然で歩測の問題がでてびっくり。そうです。これは「遊び」ではなくて「訓練」なのです。なかなか答えに近い値がだせず、何度も何度もやり直しを命じられていました。

20170618-1.jpg 20170618-2.jpg

今回の優秀組賞は 1 組と2組両方です。どちらも引けをとらないくらい良いできばえのデンを作りました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する