私たちは千葉県連盟船橋地区で活動するボーイスカウト印西白井第2団です。 日々楽しく活動しています!

5月 レットイット5(ゴー)

■ 5月7日 組集会

今月の隊集会は、お楽しみのハイキングです。ハイキングと言えば、シーターポンを忘れてはいけません。忘れると、休憩をとるときに座る場所がありません。しかし、今年度からカブ隊にご奉仕いただく井上デンリーダー、髙松デンリーダ、そして、ビーバー隊から上進してきた堤くんは、まだシーターポンを持っていません。そこで、組集会では、みんなで手分けしてシーターポンを作ることから始めました。

新聞紙を折って、編み込んで、裏返して確認すると、なんか間違えているので手直しして、もう一度編み込んで。あっという間にシーターポンが完成しました。シーターポンを作るのは、くまスカウトは3回目ということもあり、さすがに手馴れています。シーターポンは、大事に使えば、10年、20年と使えるそうです。万が一壊れてしまったときは、その日の新聞記事から、初めてシーターポンを手にした日の思い出がよみがえるとか。今から壊れる日が楽しみ(?)ですね。

シーターポン作りの後は、手のひらを広げた時の長さや両手を広げたときの幅など、体の色々な部位を使って計測をする練習をしました。「去年もやったよ」「君は去年から成長していないのかい?」などと減らず口を叩きながらも、体の大きさを測って、それを使って部屋の大きさを計測させてみると、思いの他正確な値がでてきて、リーダーもびっくりしました。

計測の技能は、隊集会できっと何かに活かされるはずですが、それはまだナイショです。


■ 5月14日 隊集会

IMG_5707.jpg DSCF2813.jpg

開会のセレモニーでは、先月に引き続きデンリーダーに誓いを立てていただきました。今月は髙松デンリーダーです。これから一年間、よろしくお願いします! 「春一番」には間に合いませんでしたが、これでようやく役者が揃いました。スカウトたちも、とても嬉しそうです。

IMG_5711.jpg

セレモニーの後は、体をほぐすためにゲームをします。シーターポンをフリスビーのように投げて、飛んだ場所までの歩数をデンリーダーに報告します。歩数が多い方が勝ち。ただし、最初の3名の歩数しか採用されません。あまり遠くに投げてしまうと、報告が遅れます。走って歩数を計ると、歩幅が増えて歩数は減ってしまいます。体力勝負のようで、実は頭脳戦。勝ったのは2組でした。

DSC_3785.jpg DSC_3786.jpg

ゲームに勝った2組から、隊長に準備ができた事を報告し、ハイキングに出発します。その間、1組は歌の練習。歌の練習の後、1組も出発しました。ハイキングは、コマ図を頼りに進みます。それに加え、今回は途中3か所で計6問の自然のものに関する問題が出されました。

DSCF2816.jpg DSC_3801.jpg

昼食の予定の西福寺へは、予定よりも約1時間遅れで到着しました。ここで出された課題は、「一番太い木の幹の長さを、身体を使ってはかりなさい」。組集会の計測の練習が活かされます。結果は、意外にもアバウトに測っていた○組が予想に反して正解に近い値をだしました。

昼食の後は、今度は1組から先に出発です。その間、2組は歌の練習をしました。

IMG_5734.jpg IMG_5861.jpg

午後は、午前中の遅れを取り戻す勢いでズンズン進み、ほぼ予定通りの時刻に到着。計約 10.5km の道のりを歩きました。大人はもうヘトヘトですが、スカウトたちはまだまだ元気です。リーダーもスカウトに負けないよう、体力づくりに励まなければならないと痛感させられた1日でした。
優秀個人章は、河盛君(皆の面倒をよく見ていました)、井上君(コマ図担当の時、皆をちゃんと正しいルートに導きました)、長野さんと関君と堤君(セレモニーでキチンと動作ができていました)でした。優秀組章は、1組と2組の両方です。ふた組ともチームワーク、最後まで頑張りました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する