私たちは千葉県連盟船橋地区で活動するボーイスカウト印西白井第2団です。 日々楽しく活動しています!

6月 ひみつのカブの里

先月の隊集会で、ジャック・スワロウは「舎営を経験したことのないスカウトに危険な冒険の旅をさせるわけにはいかない」と言い残して去ってしまいました。このままではお宝を独り占めされてしまいます。そこで今月は、「ひみつのカブの里」で1泊の舎営に挑戦することになりました。果たして、スカウト達は立派に舎営をやり遂げることができるでしょうか?

■ 6月6日 組集会

舎営では、ジャック・スワロウからどんな挑戦状が届くでしょうか? どんな危険が待ち構えているのか、まだわかりません。そこで組集会では、最初にみんなで舎営の注意点を話し合いました。「早寝早起きをする」「勝手な行動をとらない」「なくさないように持ち物には名前を書いておく」などなど、たくさんの意見がでました。どれも大切なことですね。みんなの意見を聞いて、リーダーはちょっと安心しました。

次に、カブスカウトの必須技能である「なわむすび」の練習をします。うさぎは「8の字結び」「はな結び」、しかは「本結び」「引きとけ結び」「一重つぎ」、くまは「もやい結び」「ふた結び」が課題です。おや? なんか練習したことのあるロープワークです。実は、今年からカブブックの内容が変わっていて、去年のうさぎは「8の字結び」「本結び」「引きとけ結び」、しかは「ふた結び」「もやい結び」「巻き結び」「一重つぎ」を習得しています。去年習ったことは、当然できますよ・・・ね・・・? ・・・あれれ? リーダーはちょっと不安になりました。

■ 6月25日 舎営1日目

手賀の丘公園に集合し、昼食のあと、さっそく入所式を行いました。いまいちパッとしない天気ですが、雨は避けられそうです。

DSC00204-640.jpg DSC00207-640.jpg

オリエンテーションの後、ゲームで体をほぐしていると、やってきましたジャック・スワロウからの挑戦状。「お宝を探すためには、いろんなことを注意深く観察することが大切だ。それは海でも森でも同じことだ」。出された課題は、「自然の中にある5種類の色」や「指定された自然のもの」など。指定された自然のものの中には、「長葉蛇の髭」や「定家葛」など聞いたこともないような植物も含まれています。デンリーダーに教えてもらったり、ときには当てずっぽうで答えてカマをかけてみたりしながらも、すべての植物を見つけることができました。

DSC00222-640.jpg DSC00233-640.jpg

その後、工作をしました。「相手が海ならこっちは空だ」という副長の提案で、ゴム動力ヘリコプターを作りました。カブ年代にはちょっと難しかったかな? 工作が終わると、もう夕食の時間です。

DSC00240-640.jpg DSC00251-640.jpg

夕食の後、お風呂に入って、その後は「夜のつどい」です。和室でゲームをしたり、1組2組それぞれの出し物を見せてもらったり、食堂で夜食を食べたりしていると、あっという間に1日が終わってしまいました。

DSC00258-640.jpg DSC00294-640.jpg

おやすみなさい。

■ 6月25日 舎営2日目

スカウトの朝はラジオ体操から始まります。ラジオ体操の後は、掃除や個人装備の整理、朝食に点検と、あわただしい時間が続きます。写真を撮る余裕もないほどのあわただしさです。それでも、スカウトたちは立派に役割をこなしてくれました。

DSC00305-640.jpg DSC00314-640.jpg

朝のセレモニーの後は、待ちに待ったアスレチックです。ただのアスレチックではありません。チェックポイントに用意された「なわむすび」「暗号を解く」「連盟歌を間違えずに歌う」「長さを測る」「時間を計る」といった問題にこたえつつ、「指定した時間通りにゴールする」のが課題です。チェックポイントは、今まで練習してきたことばかり。大丈夫だよ・・・ね・・・? ・・・あれれ? なわむすびは、 リーダーの不安が的中してしまったようです。

DSC00321-640.jpg DSC00323-640.jpg

それでも、ゴールは時間通り。早すぎても遅すぎてもいけません。計画性が問われる難しい課題ですが、1組も2組も、完璧な時間でゴールしました。さすがです。

DSC00346-640.jpg DSC00358-640.jpg

たったの1泊2日でしたが、こんな短い時間でも、スカウトたちに成長が見られました。1日目よりも2日目の方が、2日目の朝よりも退所式の方が、集合の時間に余裕をもてるようになりました。優秀組賞は、最後のアスレチックでポイントが高かった1組でした。
スポンサーサイト